筑波大学AC入試に落ちた

お久しぶりです。Goyotanです。

今日は筑波大学AC入試の第一次選考(書類選考)の結果が届きました。

結果はタイトル通り不合格でした。

非常に悔しくて結構泣いてしまいました...笑

 

とりあえずこれから受ける人のために何か残せないかと思い、私についての事と何を書いたのかを箇条書きで書いていきます。

 

1.私について

・関東圏のある商業高校生

・パソコンに触り始めたきっかけはPSPの改造

・情報セキュリティと宇宙系と航空系に興味アリ

・車とかバイクが好き

・3年間の平均評定は4.7(5段階評価)くらい

・皆勤賞(今のところ)

・商業高校生なので全商協会という所が主催している検定をいくつか所持

情報処理技術者試験はFEを所持

セキュリティキャンプ2016全国には何とか行けた

・英語と理科系は得意だが数学が弱い(数Ⅲなどはカリキュラムに無いので独学)

Java, Python, C,とかを使う(大規模開発はしたことない)

・Pwnableとネットワークを勉強中

・欠点は分かったつもりになってしまう所、早く結果を求めすぎてしまう所

 

ざっと今書いている中で思いついたことを挙げていきました。

結構出てくるものですね。

 

2.書いたもの

・志願理由書と自己推薦書の2つ(前者は800文字、後者は枚数様式自由)

 

自己推薦書の内容

・自分について(小中現在)

・今までの取り組み

 なぜ筑波を志望するのか(SoftEther,結プロジェクト)

 脆弱性と見つけた経緯(詳細はブログ内)

 Joomla!と呼ばれるCMS脆弱性を見落とした事

 セキュリティキャンプについて

・これからやりたいこと

 日商簿記2級

 応用情報技術者試験

 数学

 脆弱性調査

 声をかけていただいた診断系アルバイト

 

結構アバウトではありますが、このような構成で作成しました。

志願理由書、自己推薦書共にWordで作成しました。

 

f:id:Goyotan:20170921224452p:plain

こちらはプロパティ

17000文字はやはり多かったかなという印象。

 

反省とこれから

正直私は書類に自信がありました。内容も色んな人に見てもらい添削をしていただきました。しかし結果として不合格になりました。一体なぜ不合格になったのかは知る由もありません。ただ、今になって自分の書類を見返すと”面白さ”にかけていたのかなと感じます。それでも約半年の時間をかけてじっくり作成したため、後悔をする部分が殆どありませんでした。私は受験に失敗したと思うのではなく、非常に良い経験ができたと感じます。文中なりブログなりでも、脆弱性について~~みたいな事いっていますが、”高校生”が見つけたというだけで誇張してる感じが自分の中であります。自分の幼さに甘えてしまっている部分がありました。志願理由書に関しては、PDFを直接編集するという作業をしましたが上手くいきませんでした。なので急いで手書きをしたため、丁寧に仕上げることができませんでした。まだまだ思うことは沢山ありますが、胸の中にしまうことにします。

来年以降AC入試を受ける方はぜひ”自分自身”を出しきって頑張ってください!応援しています!

 

話は変わりますが、あっという間に高校生活も終わりが見えてきました。

そうなるとこれから大学生(なれたら?)になります。大学生では自分の立場に甘えることはせず、より一層情報科学について研究していきたいと考えています。もしこのブログを見ている中高生には、やりたい!と思うことがあったらすぐに行動に移してほしいと思います。

さて、私は一つの節目が過ぎたので、また新たな目標に向けて行動します。

🐈最後まで読んでくださり、ありがとうございました。🐈